大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問
◇このコンテンツは少林寺拳法グループ関連団体についてのコンテンツです

■修練レポ■ 2017年12月度 少林寺拳法教室お疲れ様!

2017年12月度 少林寺拳法教室1 2017年12月度 少林寺拳法教室2 2017年12月度 少林寺拳法教室3

 

二人目ちゃんが生まれてから、あっという間に一ヶ月以上が過ぎて、今週にはもうお宮参りに。

今回のお宮参りは上の子の七五三とまとめてやるので、着付けに髪セットに、記念撮影になかなか忙しい(笑)

上の子の時はお宮参りまでの期間は結構あった気がしたんですが、二人目となると、時間の過ぎるのが早いですねぇ。

写真で見比べてみても、もう授乳クッションからはみ出ているんで、こんなに成長がはやかったかな?と(;゚ロ゚)

 

そうそう、なかなか一般の拳士が揃うことがないのでなかなか直接皆さんにお礼を言えていないので、ブログ記事で一言お礼を。

一般拳士の有志の方々から、出産祝い、ありがとうございました!(-人-)感謝

いただいたお祝いは、早速、紙おむつ&粉ミルク代に消えましたが、皆さんの暖かいお心遣いが、授乳クッションからはみ出るまで育てていただけたと思っています(^^)

 

さて、我が家事情はこれくらいにして、今回の本題に。

日曜日は二ヶ月ぶりに高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室に参加しました(=゚ω゚)ノ

先月は小教区研修会、その前の月は定例の少林寺拳法教室だったんですが、一般市民の方の参加はどうだったんだろうと気になるところですが、今月の一般市民の参加はうちの娘だけでした。

 

で、今回の少林寺拳法教室でちょっと残念だったのは、あまりにも参加している先生方が少なかったこともあって、同時開催の昇級試験の考試員の人数が足りなさすぎて、一人の先生がいくつもの資格を受け持つことに。

また、昇級試験の関係もあってか、少林寺拳法教室のサポートをしてくれる先生もおらず、うちの娘が少林寺拳法教室の参加者として列に加わったものの、グループを分けての体験向けの修練をしてもらえず、途中で何やってるかわからなくなって、張り切って一番前に並んだのに、最後は何も出来なくてその場で泣いちゃったんですよね...

 

正直、うちの娘でなくても、これは良くないなと思いました...(-ω-;)

 

本当であれば考試員をしていただく予定だった茨木春日道院の石田先生が、優しくうちの娘を呼んでくれて、最初から最後までずーっと相手をしていただけたおかげで、何とか娘のテンションも回復して、いちおう「楽しい少林寺拳法」という感じで終わることが出来ました。

石田先生、フォロー本当にありがとうございました!(-人-)感謝

 

同時開催の昇級試験の方はというと、考試員の先生が足りないもんだから、一般の拳士の試験は後回しに。

一般拳士の試験は40分ほど遅れて、僕が当日二回目の担当と言うことで、試験をさせていただきました。

 

今回の少林寺拳法教室&昇級試験を見て、改めて、うーん、と考えさせられました(-ω-;)

僕が道院長をひきうけてから、一つのこだわりを持って、「昇級試験は、見習い拳士の時からすべて道院の外での受験をする」ということを実践してきたんですが、どうもこれはもう無理なんじゃないかと。

高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室の会場での昇級試験に参加する所属は、高槻市・茨木市を合わせて12所属あるわけですが、見習いから参加させていたのは大阪高槻道院だけなんですね。

それでも大阪高槻道院の拳士が資格ばらばらに一斉に受験をすると、やっぱりそれなりに考試員の先生の数が必要になるんですよね。

 

日曜日みたいに、昇級試験を受験している人数そのものはむちゃくちゃ多くなくても、受験資格がそこそこ横に広がっていると、とたんに考試員の先生が足りなくなる。

足りなくなると、どうしても兼任することになるし、兼任すると時間の都合で、どこか駆け足気味の試験になる。

 

これが本当に拳士のためになるのかと(-ω-;)

 

それであれば、僕自身がもっているこだわりは捨てて、他の所属と同じように、資格の低い拳士の受験については、多少甘えが出やすい環境であったとしても、自道院内にて他の所属の先生に個別にしっかり試験をしていただいた方が、無理に道院の外の会場に向かわせて、駆け足で昇級試験を受験させるよりも、良いんじゃないかと思いました。

なので、昨日の修練の時に少年部で説明しましたが、来年からは資格の低い拳士については、本人の習熟度と試験日を考慮しながら、自道院内で他の所属の先生に試験をしていただくことにします(-人-)合掌

 

少林寺拳法教室実施日に、大阪高槻道院からの受験者が減ることで、月によっては総合体育館での昇級試験受験者0の月も出てくるかと思います。

そのときには、僕も含めて会場に来られている先生方みんなで、もっともっと少林寺拳法教室に参加している一般市民の方や、一生懸命新しいことを覚えようとしている白・黄帯の拳士達のケアをしていただけることを祈っています(-人-)合掌

 

(北野)

2017年12月 5日 16:31 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2017年9月度 少林寺拳法教室お疲れ様!

2017年9月度 少林寺拳法教室1 2017年9月度 少林寺拳法教室2 2017年9月度 少林寺拳法教室3

 

昨日はすっきりとしたいいお天気で、お出かけ日和な感じでしたねぇ(^o^)

そんな日曜日でしたが、この日は毎月恒例の高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室の開催日でした(=゚ω゚)ノ

 

最近、朝晩は涼しいので、日中の体育館も涼しいだろうと思っていたんですが、体育館の中は蒸し暑ーーい( ̄▽ ̄;)

教室が始まるまでに体育館の中で走り待っていた子達の中には、始まった時には既に汗びっしょりになっている子らも。

何故にこれから運動するのに、意味もなく走り回るかな...( ̄Д ̄;)

 

昨日の担当道院は大阪高槻道院と言う事で、大阪高槻道院の一般拳士と少年拳士がたくさん集まってくれました。

今回のテーマは「連蹴り」ということで、最初は簡単な蹴りの修練から、攻者の背中をとるという運歩の修練など、いつもの修練よりは少し難しい感じの内容でしたが、みんなそこそこやれていたので、偉かったと思います(^^)

途中から飛連蹴りを高く蹴る、飛連蹴りから後ろ蹴りにつなげる、跳び連蹴りから受け身など、少林寺拳法っぽくない修練もやりましたが、まあ、せっかく転んでも大丈夫な柔道場での修練なので、いろんな事に挑戦してみるのもいいのかと(=゚ω゚)ノ

 

少林寺拳法教室後半の一般修練の方は、同日開催の金剛禅研修会に参加されている拳士も多かったのもあって、少人数での修練となりましたが、普段の修練でやっている技術よりは、あんまり手を出さない技術修練を中心に行いました。

金剛券が中心だったので、回数こなすと結構身体に響きますね( ̄Д ̄;)

 

昨日の教室には、娘も三ヶ月ぶりに参加しました(^^)

去年よりは、一応修練にそれなりに参加してはいましたが、まだまだ、なんとなく来ている感があるので、暇になるとすぐに道場に寝転がるのはどうかと(-ω-;)うーむ

こんな調子で来年から本格的に修練に参加出来るのかどうか心配ですねぇ(-"-;)

 

さて、今回の少林寺拳法教室で今年度の大阪高槻道院の担当月は終了です!

全員集合!という声かけをするのは来年の四月以降になりますが、大阪高槻道院の担当月以外でも、積極的に参加して自己研鑽に励んで下さいねっ( ゚∀゚)o彡°

10月と11月の少林寺拳法教室は、僕は出産予定月&産後一ヶ月目になりますので、お休みします(-人-)合掌

 

(北野)

2017年9月11日 13:06 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2017年8月度 合同研修会お疲れ様でした!

2017年8月度 合同研修会1 2017年8月度 合同研修会2 2017年8月度 合同研修会3

昨日は近畿をモロ直撃した台風の影響で、丁度修練の時間帯に暴風警報が出たため、修練が中止に( ̄▽ ̄;)

以前、修練中に暴風警報だか大雨警報だかがでて、途中で帰ってもらった事はあった気がしますが、始まる前から暴風警報出まくりで修練そのものが中止になったのは初めてですねぇ。

 

よその道院では暴風警報が出てようが、全部拳士の自己責任ということで修練をするところもあるようですが、うちは電車で来る拳士もいれば、小学校低学年で歩いて来る子もいるので、やっぱり暴風警報が出てるときは、中止にした方が無難なので中止にしています。

自己責任で雨にも負けず、風にも負けずで修練に励んでいるのは、ちょっと尊敬します(笑)

 

とまぁ、休みにしたものの、実際台風通過中は風がちょっと強いかなぁ程度で、雨は普通の雨。

事前予報があったような、滝のような雨という感じもなかった気がするので、台風の判断は難しいですね(-ω-;)うーむ

 

さて、今日の本題に入りますと、8/6(日)は高槻・茨木小教区、摂津東ブロックの合同研修会が開催されました。

今回の講師は、大阪副教区長で、大阪富木道院の今井偉夫先生で、講義内容は「各年代層の指導における留意点と実践例」というテーマの講義を前半に行い、後半は実技講習でした(^^)

 

さすが武専の派遣教員もされていることもあって、充実した講義資料を準備していただき、大変勉強になりました。

後半の実技も、少林寺拳法の基本らしい基本の確認から、最後の40分は今井先生にしか出来ない講義もあり、武専に参加されていない拳士が多い、高槻・茨木地区の拳士にとってみると、とても興味深い研修会になったんじゃないかと思います(^o^)

今回の研修会も、地元高槻・茨木地区だけでなく、大阪府下からの参加された方もおり、武専以外でこうして地域をまたいで交流が出来るのはいいですね(^^)

 

会場の後ろの方では、高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室も開催され、一般市民の方が少林寺拳法体験をされていました。

会場の前の方には大人の拳士が何十人もいたので、少し戸惑っていたような感じもしましたが、高槻南道院の若い拳士が一生懸命指導をしてくれたこともあり、予定の時間をオーバーして熱心に体験されていました。

 

この日は台風が来る前日だったせいか、会場の中も外も非常に蒸し暑く、隣の都市では気温が37度を記録したところもあったそうで、非常に暑い一日でしたが、研修会に参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!

次回は11月を予定していますので、是非次回も皆さん積極的な参加をヨロシクお願いしますねっ(=゚ω゚)ノ

 

(北野)

2017年8月 8日 15:27 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2017年大阪府民大会 お疲れ様!

2017年大阪府民大会01 2017年大阪府民大会02 2017年大阪府民大会03

 

昨日は2017年大阪府民大会の開催日でした(^^)

朝方会場に向かうときは非常に蒸し暑くて、一日中この暑さが続くと結構大変だろうなぁと思っていましたが、会場の中は一時間もすればクーラーが効いてきて、観客席の方は過ごしやすい感じだったんですが、アリーナは拳士の熱気で暑そうでしたねぇ( ̄▽ ̄;)

 

今年は世界大会が開催されるため、全国大会が開催されないと言うこともあり、全体的には例年よりは参加者が少ないかなぁと思いましたが、それでも大阪府民大会は大阪で一番大きな大会と言う事もあり、大阪府下の道院・支部からたくさんの拳士が参加していました。

少年の既定単独演武や組演武は、出場拳士てんこ盛りで、予選も一回ではなく、二次予選も実施され、なかなか本戦に行くのも大変な大会でしたねぇ(・・)(。。)

 

さて、大阪高槻道院からも11名の拳士が参加しました。

メダルを手にすることが出来た拳士もいれば、本戦で惜しくも賞状に手が届かなかった拳士など、色々な結果がありましたが、市民大会の後の法話やブログでもいっつも言っていることですが、大会に参加することで値打ちがあるのは、大会本番までにどれだけ頑張れたか、ということであって、結果はあんまり重要じゃないと、僕は思うわけです。

メダルをもらった子に、本戦に臨む前にアドバイスを求められて僕が答えたのは、「予選で自分より上手いと思う相手がいたのであれば、何が自分と違うのかを考えて、本戦でそこを直せるのであれば、それなりの結果につながるんじゃない?」ぐらいしか言ってないんですね。

これ、メダルも賞状ももらえなかった子達にも、ほとんど同じ事しか言ってなくて、大会が終わった後に、僕が彼らに言ったのは、「成績を残した子と自分の違うところが何かをよく考えて、そこを直していれば、今よりずっと良くなる」という言葉。

大会前の修練でもそうですが、僕はあんまり大会の演武についてあーせーこーせーと細々と指示しないので、ある意味、府民大会に出ている子達は、自分たちの努力だけで大会を乗り越えていくんだから、それは普通にエライと思います(・・)(。。)

 

結局、市民大会にしても府民大会にしても、人から言われて直すんじゃなくて、他の拳士をじっと観察して、自分と違うところに気がついて、そこを必死で直そうという努力をした拳士が、その後の成長を保証されているわけで、大会に参加するだけ参加して、自分以外に興味がないという拳士は、やっぱり成長はないんですね。

せっかく大会に出場するのだから、メダルや賞状がどうこうではなくて、少しずつでも自分の成長につなげていってもらえるのが、僕の願いなわけです(^^)

そして、成績を残すことが出来た拳士は、メダルを取るとか賞状をもらうとか、そゆ形で自分の成長を評価されたのであれば、今度はその成長を人に分け与える努力をして欲しいと思うわけです(・・)(。。)

 

今年の大会は全部終わり、バーベキュー大会も終わったので、来年まで大阪高槻道院のイベントらしいイベントはありませんが、その分基本に立ち返って、まずは自分の修練をしっかり積んで、仲間の成長を願いながら、共に手を取り合ってこれからも頑張っていってもらえればと思います(-人-)合掌

 

(北野)


ps.

そうそう、今回の奥さん手作りのキャラ弁は、府民大会を頑張ってるみんなへのエールを込めて作ったんですが、肝心の子供達が遊び回ってて見てもらうことが出来ませんでした( ̄▽ ̄;)

2017年7月10日 15:01 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2017年6月度 少林寺拳法教室お疲れ様!

2017年6月度少林寺拳法教室1 2017年6月度少林寺拳法教室2 2017年6月度少林寺拳法教室3
2017年6月度少林寺拳法教室4 2017年6月度少林寺拳法教室5 2017年6月度少林寺拳法教室6

 

最近、朝晩が涼しいですねぇ。涼しいというか、寒いというか( ̄▽ ̄;)

昨日はそんな6月とは思えない涼しい中、毎月恒例の高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室が開催されました(=゚ω゚)ノ

 

昨日の担当道院は大阪高槻道院と言う事で、少年と一般の拳士全員に参加の声かけをして、大人と子供が交じっての修練となりました(^^)

今回のテーマは「下がらない、怖がらない」ということで、法形修練とはまた違った、どちらかと言えば乱捕り(運用法)の修練に近い内容でしたが、少年部の子達もそこそこすぐに対応することが出来ていたので、ずいぶん距離の近い突きにも慣れてきたなぁと関心しました(・・)(。。)

 

少林寺拳法の修練は、基本・法形・演武・乱捕りの四つを偏ることなく修練することが大切なんですが、こないだまでは延々と二ヶ月大会に向けての修練(演武)ばっかりやっていたので、そろそろ基本に立ち返って、基本から使える技術へとステップアップしていかなきゃいけないなぁと思っていました。

 

演武の修練は、相手と息を合わせる(調和する)ということが最重要課題となるので、どこか演武に「武的要素」が欠けるところがあるんですよね。

本来は演武にも当然武的要素を持って取り組まなきゃいけないんですが、何せあらかじめ攻防の中身を取り決めした上で修練を行うので、武的要素と言われても、構成そのものがあんまり武的ではない(初めから攻者がやられやすい体勢になりがち)事も多々あるので、なかなか難しい面はあります(-ω-;)

その点乱捕りの修練は、運用法のように攻守の取り決めや、攻撃手段の取り決めをする場合もありますが、まぁ自由に攻防を行う自由乱捕りもあるので、かなり武的要素の方が強い修練だったりします。

こう考えると、演武と乱捕りは両軸でしっかりとやって、どこまでが演武でどこからが乱捕りなのか、演武と乱捕りはどんな風に違うのか、と言うことを実際の修練を通じて、体感しながら日頃の修練に取り組んでいけば、最終的には自分は「どっちがやりやすい(好んでいるか)」という、自分の特性を知ることにもなりますし、特性を知ってそれを伸ばしていけば、自信にもつながりますよね(^o^)

 

少林寺拳法の修練は、どの修練体系を好んで行うにしても、最終的には自分に自信を持ち、他人のことを思いやれる優しさを持つことが出来れば全く問題ないので、自分の体格や性格、年齢に応じて、基本・法形・演武・乱捕りを偏ることなく修練して、自分の得意分野を見つけていってもらえればと思います(-人-)合掌

 

全くの余談、というか雑談になるんですが、少林寺拳法教室が終わってから家に帰ったら、出かける前にちょっち叱られた娘(ゲームしたいから教室行かないと言ったので、スーパーカミナリ落として、そのままほっといて出てきました(-ω-;))が、妙なハイテンションで出迎えてくれたんですよ。

さすがにあんだけ怒られてほっとかれたのはそこそここたえたみたいで、僕が教室に行っている間ゲームはせずに、命じられた書き取りプリント五枚をちゃんとやって、とにかく待ってたんですね。

で、帰ってくるやいなや、カラオケしたい!とやたらと絡んでくるんで、Wii Uのカラオケチケットを買って、急遽おうちカラオケーモードに。

 

カラオケ自体久しぶりではあったんですが、そもそも新曲を全く聴いていないので、最近覚えた新曲はお母さんと一緒で流れる子供の歌だったり、娘が延々と流しているAmazonプライムのアニメのOPとかEDばっか( ̄▽ ̄;)

覚えている曲と言えば、大学在学中のいわゆる小室全盛時代なわけで、自分の中ではそこまで古くないつもりでも、世間一般的には懐メロオンパレード( ̄▽ ̄;)

 

おうちカラオケとなると時間無制限状態でやれるので、歌う曲がなくなってきたら、懐かしのアニソンとか、まぁオタ丸出しな曲を歌ったりもするんですが、そんなかでゴダイゴのガンダーラを歌ったときに、今まで気にしてなかった歌詞に、あー結構含蓄ある歌詞だなぁと(・・)(。。)

少林寺拳法(金剛禅)の中で原始仏教を取り扱うだけに、ガンダーラで歌われている歌詞の中身が、いわゆる西遊記の玄奘三蔵の目的(天竺へ向かい、本当の仏教を手に入れる事)とちゃんと合致しているのも興味深いし、歌詞の中にある「愛の国 ガンダーラ」とか「生きることの 苦しみさえ 消えるというよ」というフレーズも、仏教の本来の意味や目的をちゃんと捉えているんですよね。

普通の人にはどうでもいい内容ではあるんですが、個人的になんとなく、いいなぁと思ったので書いてみました(-人-)合掌

 

(北野)

2017年6月12日 14:06 | | トラックバック(0)
Page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11