大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問
◇このコンテンツは少林寺拳法グループ関連団体についてのコンテンツです

2018年合同スポーツ体験教室お疲れ様でした!

2018年 合同スポーツ体験教室1 2018年 合同スポーツ体験教室2 2018年 合同スポーツ体験教室3
2018年 合同スポーツ体験教室4 2018年 合同スポーツ体験教室5 2018年 合同スポーツ体験教室6

 

市民大会まで後一瞬間ですねぇ。

2月ぐらいからぼちぼち市民大会向けの修練を初めて、3~5月の三ヶ月間は市民大会の修練だけをやってきたわけですが、この三ヶ月で皆さんどれだけ成長したと実感しているでしょうか(^^)

この三ヶ月の間にも、少林寺拳法に興味を持ってくれた一般市民の方が体験に来てくれたり、あるいはそのまま入門してくれた人たちも何人かいました。

高槻市も、この何年かはスポーツ体験を後押しするイベントを積極的に展開していて、5/20(日)は高槻市が主催する合同スポーツ体験教室の開催日でした(^o^)

 

昨年はGWの最終日という、実に微妙な時期に開催されたので、参加者が初年度や二年目に比べぐっと少なかったんですが、今年はそのあたりも考慮して、大型連休を外しての開催となりました。

その甲斐もあってか、今年は開始直後から体験ブースを訪れてくれた一般市民の方もいらっしゃいましたし、時間が進むにつれどんどん体験希望の子達が、少林寺拳法ブースに来てくれて、二時間という短い時間でも、百名を超える子供達が体験に来てくれました。

最終何人体験に来たのかよく分かりませんが、途中経過では150人を超えていたので、二時間という短い時間にしては、十分だったんじゃないかと思います(^^)

 

これだけの人数がいっぺんに体験に来るわけですから、イベント指導員を頑張ってくれた子供達全員が、本当によく頑張ってくれました(-人-)感謝

少しでも手が空いたら、「チラシ配ってきます!」と言って、用意していた道場案内のチラシをもって、玄関まで勧誘に行ってくれました。

昨年も同じ事をしてくれた子達がいたんですが、たぶんうちの団体だけかも知れないです、玄関先で一般市民の方ひとりひとりに声をかけてチラシを渡してくれていたのは。

いいですね、これだけ積極的に自分たちが取り組んでいる少林寺拳法に誇りをもって勧誘してくれるのは(^o^)

 

持ち時間が二時間あったわけですが、途中で組演武・単独演武・団体演武を披露する時間を設け、体験をしている事を、本格的に習って頑張れば、誰でもこゆ事が出来ますアピールもしました。

いわゆる、昔で言う公開演武会みたいなもんでしょうか。

そう思うと、子供向けのイベントではありますが、少林寺拳法の派手なところを大人が見せても良かったかも知れませんねぇ。

スポーツ体験会というイメージが合ったので、体験の子の手が届く範囲での見せ方しか考えていなかったんですが、公開演武会も兼ねていると考えるなら、もう少し趣向を凝らした何かをやってみたら、「おぉ~すげぇ~~!」と食いついてくる子供もいたのかなぁと(笑)

まあ、来年の課題ですねφ(..)メモメモ

 

さて、5月の予定は来週実施する緑・茶・黒の特別修練日が最後で、その後はいよいよ市民大会本番です!(=゚ω゚)ノ

大会は少林寺拳法の修練の一部でしかありませんが、本番を向かえるまでに体験し、考え、行動してきたことが一番大切なので、最後まで手を抜かずに、皆さん頑張ってくださいねっ( ゚∀゚)o彡°

 

市民大会が終わった次の週は、うちが担当する少林寺拳法教室の開催日なので、もしよかったら学校のお友達や、親戚の子供やお兄さんおねぇさんを誘ってみてくださいね(^O^)

 

(北野)

2018年5月25日 15:07 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2018年5月度 少林寺拳法教室お疲れ様!

2018年5月度 少林寺拳法教室お疲れ様!1 2018年5月度 少林寺拳法教室お疲れ様!2 2018年5月度 少林寺拳法教室お疲れ様!3

 

五月も中旬になってきたせいか、ずいぶんと暖かくなりましたねぇ(^o^)

と、同時に梅雨が近づいてきているのか、湿気もなかなか(-ω-;)

 

この間の日曜日は、毎月恒例の高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室の開催日だったんですが、ちょうど開催時間帯に大雨!(゜ω゜;)

それでも頑張って体育館まで来て練習に励んでいた拳士の皆さん、お疲れ様でした!

あと、雨にもまけず、体験に来てくれた方もいらして、そこそこ賑やかな少林寺拳法教室となりました(^^)

 

普段であれば、昇級試験組と教室参加組に分かれて練習が行われるんですが、今月は昇級試験の受験者が0だったので、基本的には全時間少林寺拳法教室の時間となりました。

市民大会も近かったのもあり、少林寺拳法教室の内容も、現役拳士の子達は市民大会向けの練習を、体験の方達は体験向けの練習をという感じで進められました。

 

今回教室に参加していた拳士達は、毎月参加している子達でもあるんですが、市民大会が近いとなると、いつもより熱心に頑張っていた気がしました(^o^)

彼らは、金曜日(通常練習日)→日曜日(少林寺拳法教室)→月曜日(通常練習日)→火曜日(特別修練日)→金曜日(通常練習日)→日曜日(合同スポーツ体験教室)と、二週間ぶっとおしで少林寺拳法の練習に参加するわけですから、タフですね(・・)(。。)

 

さて、文中にも書いていますが、次の日曜日は高槻市が主催する合同スポーツ体験教室の開催日です(=゚ω゚)ノ

今年はどれくらいの一般市民の子達が来るか分かりませんが、イベント指導員を頑張ってくれる拳士は、自分が一生懸命取り組んでいる少林寺拳法の良いところを、一生懸命教えてあげれば、きっと体験教室だけじゃなく、各地の道場まで足を運んでくれると思いますので、是非頑張ってくださいね(-人-)合掌

 

(北野)

2018年5月18日 14:51 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2018年4月度 合同研修会お疲れ様でした!

2018年4月度 合同研修会1 2018年4月度 合同研修会2 2018年4月度 合同研修会3

 

先週の頭は季節外れの暖かさで、週末もこの陽気が続けばいいなぁと思っていたんですが、週末になるにつれ急激に気温が下がり、平年通りの寒さに(-ω-;)

4/8(日)は恒例は高槻・茨木小教区、摂津東ブロックの合同研修会が開催されました。

体育館って日が出ていても結構冷えるのに、外の気温が低かったもんだから、余計寒いのなんの(-"-;)

骨折しているもんだから、たいして動くことも出来ず、いつも通り写真撮影なんかをしていたんですが、動かないと余計寒いですね(^_^;

 

さて、そんな一日でしたが、研修会に参加していた拳士は、基本修練の剛法の時から結構ハードに繰り返し体を動かす修練から始まったので、はぁはぁいいながらも、楽しそうに修練されていました(^o^)

今回講師としてお招きしたのは、大阪堺道院 大﨑 健二先生でした。

 

大﨑先生はUNITY武専の派遣教員もされていることもあり、基本から高段者向けの応用まで、幅広い実技指導をしていただけました。

特に実技後半の力まない、ぶつからないをテーマにした講習会は、参加者みんなが関心を持って取り組んでいましたねぇ(^^)

 

実技後半は初・二段と三段以上に分かれたんですが、僕はというと研修会に参加してくれた熱心な新中学生の子達がいたので、初・二段グループの方に参加して、高槻市少林寺拳法連盟の田邊先生の指導サポートをしていました。

田邊先生に入門して30年ぐらいになるわけですが、間近で技を指導されている姿を見ると、あー、原点の技、という感じがしましたね(笑)

 

少林寺拳法の技術って、いろんな先生から学べば学ぶほど、かけ方が混ざって、どれが自分のルーツか分からなくなってくるんですが、今回の研修会でルーツを再確認しました。

僕の技術は、基本的にはガチっとかけるタイプなんだと思います(笑)

 

研修会の後半は僧階補任講習会でした。

今回のテーマは「社会布教とその実践方法」ということで、金剛禅教団がどのような活動をしているのか、というところから講義が始まり、大崎先生の実体験のお話しや、音楽CDを聞きながら、その歌詞をどう聞き取るかの解釈など、とても興味深い講義でした(^o^)

僧階補任講習会に参加された拳士は、僧階レポートの提出をしたい所属長の先生が中心でしたが、聴講として参加された拳士も多く、とても良かったと思いました。

 

僧階補任講習会のあとには、田邊先生が15分だけ!といいつつも、60分以上も頑張って講話をしてくださいました(笑)

田邊先生のお話は、拳の三要が主題だったんですが、最後の方は開祖との思い出にまで話が広がって、本題からずいぶん遠くなりましたが、これはこれで貴重はお話しを聞くことが出来て良かったんじゃないかと思います(^^)

 

さて、次回は8/5(日)が高槻・茨木小教区、摂津東ブロックの合同研修会の開催日になります。

講師の先生はまだ未定ですが、できる限り外部から先生をご招待したいと考えているので、是非地元の拳士だけでなく地元以外の拳士の方も遠慮なく参加していただければ幸いです(-人-)合掌

 

(北野)

2018年4月11日 13:43 | | トラックバック(0)

2018年3月度 少林寺拳法教室お疲れ様!

2018年3月度 少林寺拳法教室1 2018年3月度 少林寺拳法教室2 2018年3月度 少林寺拳法教室3
2018年3月度 少林寺拳法教室4 2018年3月度 少林寺拳法教室5 2018年3月度 少林寺拳法教室6

 

急に暖かくなってきたのもあって、あちこちの桜が一気に咲き始めましたねぇ(^o^)

うちの子の卒園も終わり、保育園の方でも荷物を置いていたロッカーも撤去され、あーもうここは来るところではないんだなぁ感満載な雰囲気で、残り数日の保育園生活を送っています(笑)

この時期になってくると、少しずつ見学・体験の問い合わせが増えてくるので、皆さん色々忙しそうですよね。

 

さて、そんな忙しい時期ではありますが、3/25(日)は毎月恒例の高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室の開催日でした(=゚ω゚)ノ

高槻富田スポーツ少年団も午前中に活動をしているのもあって、午前午後と両方に参加している子達もいるようで、熱心なのはいいことですね(^O^)

 

最近は道場での修練は大会の修練ばっかりで、あんまり違うことをやる余裕はないんですが、今回の教室では普段の修練らしい色々な事をやってくれました。

キックミットやパンチングミットを使っての修練は久しぶりだったんじゃないでしょうか。

というか、パンチングミットはうちの道場にはなかったので、初めてかも(笑)

 

会場の後ろの方では、昇級試験も実施されていました。

今月は三級受験の拳士が多く、茶帯になるという心構えも必要なので、かなり丁寧に昇級試験を実施していたようですね(^^)

僕も五級を担当しましたが、このあたりの級で必要なことは、「前重心、後ろ重心の違い」についてなので、試験をしつつ、こういう点を意識してやるようにすれば、さらに良くなるよ、という感じで、アドバイスをしました(=゚ω゚)ノ

 

さて、来月の少林寺拳法教室ですが、来月は小教区研修会と重なっていますので、少林寺拳法教室への少年拳士の参加はありません。

午前中に高槻富田スポーツ少年団が活動しているときは、そちらでの参加はOKなので、大野先生に予定を聞いてくださいねっ( ゚∀゚)o彡°

 

(北野)

2018年3月27日 13:08 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2017年12月度 少林寺拳法教室お疲れ様!

2017年12月度 少林寺拳法教室1 2017年12月度 少林寺拳法教室2 2017年12月度 少林寺拳法教室3

 

二人目ちゃんが生まれてから、あっという間に一ヶ月以上が過ぎて、今週にはもうお宮参りに。

今回のお宮参りは上の子の七五三とまとめてやるので、着付けに髪セットに、記念撮影になかなか忙しい(笑)

上の子の時はお宮参りまでの期間は結構あった気がしたんですが、二人目となると、時間の過ぎるのが早いですねぇ。

写真で見比べてみても、もう授乳クッションからはみ出ているんで、こんなに成長がはやかったかな?と(;゚ロ゚)

 

そうそう、なかなか一般の拳士が揃うことがないのでなかなか直接皆さんにお礼を言えていないので、ブログ記事で一言お礼を。

一般拳士の有志の方々から、出産祝い、ありがとうございました!(-人-)感謝

いただいたお祝いは、早速、紙おむつ&粉ミルク代に消えましたが、皆さんの暖かいお心遣いが、授乳クッションからはみ出るまで育てていただけたと思っています(^^)

 

さて、我が家事情はこれくらいにして、今回の本題に。

日曜日は二ヶ月ぶりに高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室に参加しました(=゚ω゚)ノ

先月は小教区研修会、その前の月は定例の少林寺拳法教室だったんですが、一般市民の方の参加はどうだったんだろうと気になるところですが、今月の一般市民の参加はうちの娘だけでした。

 

で、今回の少林寺拳法教室でちょっと残念だったのは、あまりにも参加している先生方が少なかったこともあって、同時開催の昇級試験の考試員の人数が足りなさすぎて、一人の先生がいくつもの資格を受け持つことに。

また、昇級試験の関係もあってか、少林寺拳法教室のサポートをしてくれる先生もおらず、うちの娘が少林寺拳法教室の参加者として列に加わったものの、グループを分けての体験向けの修練をしてもらえず、途中で何やってるかわからなくなって、張り切って一番前に並んだのに、最後は何も出来なくてその場で泣いちゃったんですよね...

 

正直、うちの娘でなくても、これは良くないなと思いました...(-ω-;)

 

本当であれば考試員をしていただく予定だった茨木春日道院の石田先生が、優しくうちの娘を呼んでくれて、最初から最後までずーっと相手をしていただけたおかげで、何とか娘のテンションも回復して、いちおう「楽しい少林寺拳法」という感じで終わることが出来ました。

石田先生、フォロー本当にありがとうございました!(-人-)感謝

 

同時開催の昇級試験の方はというと、考試員の先生が足りないもんだから、一般の拳士の試験は後回しに。

一般拳士の試験は40分ほど遅れて、僕が当日二回目の担当と言うことで、試験をさせていただきました。

 

今回の少林寺拳法教室&昇級試験を見て、改めて、うーん、と考えさせられました(-ω-;)

僕が道院長をひきうけてから、一つのこだわりを持って、「昇級試験は、見習い拳士の時からすべて道院の外での受験をする」ということを実践してきたんですが、どうもこれはもう無理なんじゃないかと。

高槻市少林寺拳法連盟が主催する少林寺拳法教室の会場での昇級試験に参加する所属は、高槻市・茨木市を合わせて12所属あるわけですが、見習いから参加させていたのは大阪高槻道院だけなんですね。

それでも大阪高槻道院の拳士が資格ばらばらに一斉に受験をすると、やっぱりそれなりに考試員の先生の数が必要になるんですよね。

 

日曜日みたいに、昇級試験を受験している人数そのものはむちゃくちゃ多くなくても、受験資格がそこそこ横に広がっていると、とたんに考試員の先生が足りなくなる。

足りなくなると、どうしても兼任することになるし、兼任すると時間の都合で、どこか駆け足気味の試験になる。

 

これが本当に拳士のためになるのかと(-ω-;)

 

それであれば、僕自身がもっているこだわりは捨てて、他の所属と同じように、資格の低い拳士の受験については、多少甘えが出やすい環境であったとしても、自道院内にて他の所属の先生に個別にしっかり試験をしていただいた方が、無理に道院の外の会場に向かわせて、駆け足で昇級試験を受験させるよりも、良いんじゃないかと思いました。

なので、昨日の修練の時に少年部で説明しましたが、来年からは資格の低い拳士については、本人の習熟度と試験日を考慮しながら、自道院内で他の所属の先生に試験をしていただくことにします(-人-)合掌

 

少林寺拳法教室実施日に、大阪高槻道院からの受験者が減ることで、月によっては総合体育館での昇級試験受験者0の月も出てくるかと思います。

そのときには、僕も含めて会場に来られている先生方みんなで、もっともっと少林寺拳法教室に参加している一般市民の方や、一生懸命新しいことを覚えようとしている白・黄帯の拳士達のケアをしていただけることを祈っています(-人-)合掌

 

(北野)

2017年12月 5日 16:31 | | トラックバック(0)
Page <<前のページ   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11