大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

■修練レポ■ 入門式&2011年度開祖忌法要

入門式&2011年度開祖忌法要1 入門式&2011年度開祖忌法要2 入門式&2011年度開祖忌法要3

 

いやぁ、関西も梅雨入りしたとかでこのところ本当に雨が多いんですが、昨日は雨が降る中入門式&2011年度開祖忌法要にご参列してくれた拳士の皆さん、保護者の皆様、お疲れ様でした!

少年部が始まってから本格的な儀式・行事というのは、昨年の達磨祭・新春法会に続いて今回で三回目となりますが、昨日は参加した拳士の数は43名と、大阪高槻道院に所属するほとんど全ての拳士が参列していただき、道場が本当に狭く感じられました(^^)

 

少年部の拳士の半分ぐらいは、おそらくこういった金剛禅の儀式というのは初体験で、法衣を見ただけでテンションがあがっている子がいたりと、普段とはまた違った雰囲気がいい経験になったのではないかと思います(^O^)

 

■その他の5月度入門式&2011年度開祖忌法要はコチラで見れます■

 

■5月度入門式■

5月度入門式1 5月度入門式2 5月度入門式3
5月度入門式4 5月度入門式5 5月度入門式6
5月度入門式7 5月度入門式8  

 

ということで、昨日はまず最初に入門式を執り行いました(=゚ω゚)ノ

入門式の対象者は今年に入ってから入門した7名の拳士で、入門者代表は一般部からカズヤが行いました。

 

入門式の自己紹介につづけて、急遽転籍してきた拳士の方々の自己紹介も行い、今年前半に大阪高槻道院の仲間になった13名の拳士全員に、皆さんの前でご挨拶していただきました(^^)

 

5月度入門式9 5月度入門式10

 

入門者紹介が終わった後は、簡単に道院長法話を。開祖忌の法要が後に続くので、入門式の法話は簡単に。

毎回同じ話をしているんですが、少林寺拳法に「入門する」というのは、普通の武道団体になんとなく入るというのとは全然違うんですね。

 

法衣姿を見てもらっても分かるように、少林寺拳法は「金剛禅」という禅宗の一派としての活動を行っています。

その中の主たる行の一つが「少林寺拳法」という技術であって、技術だけが中心の団体ではありません。

禅宗の一派であるわけですから、心の修行もとても大切にしています。

 

入門式というのは、「金剛禅の修行に入るんだ」というのを改めて認識してもらうための大切な儀式であり、同時にそこに参列する他の拳士の皆さんに顔通しするというのは、それだけの覚悟をもって修行に励んで下さい、という意識付けの場でもある。

 

少々仰々しいかも知れないけれども、儀式には儀式としての意義や目的がしっかりとあるので、皆さんこれからもこういった儀式は大切にしていって下さいね(^_-)-☆

 

■2011年度開祖忌法要■

2011年度開祖忌法要1 2011年度開祖忌法要2 2011年度開祖忌法要3

 

入門式が終わった後、引き続き2011年度開祖忌法要を執り行いました(=゚ω゚)ノ

開祖忌というのは開祖の命日前後に行われる行事で、開祖の思いを確認し、これからどうしていけばいいのかをしっかりと考える機会でもあります。

 

今年は晩年の開祖のおそばで山門衆として修行なさっていた、初代道院長の田邊眞裕先生に来ていただきました(^^)

2011年度開祖忌法要4 2011年度開祖忌法要5 2011年度開祖忌法要6

 

田邊先生には開祖についての御法話をいただいたんですが、今回は少年部からの参加者も多数いたため、急遽話の内容を変更して、開祖宗道臣先生がどうして少林寺拳法をつくったのか、というお話しをしていただきました(^^)

 

お話しの後半は、社会人として求められること、少年時代にするべき心がけについてのお話しをしていただき、短いセンテンスながらも、とても分かりやすいお話しでした。

2011年度開祖忌法要7 2011年度開祖忌法要8 2011年度開祖忌法要9

(田邊先生の法話に聞き入る拳士達)

 

2011年度開祖忌法要10 2011年度開祖忌法要11 2011年度開祖忌法要12

 

ちょうど来月市長杯高槻市民少林寺拳法大会が開催されることもあり、今年の開祖忌の法要の締めとして奉納演武も行いました。

僕の記憶にある限りでは、大阪高槻道院の儀式・行事の中で、法衣を着ての奉納演武というのは10年以上なかったのではないかと思います。

 

法衣というのは一見すると単なるコスプレのように見えるかも知れませんが、これを着てダーマの掛け軸と本尊の前で演武を行うというのは、神社の前でまわしを着けて執り行う奉納相撲と同じぐらい神聖な儀式の一つになります。

金剛禅の儀式では必ず奉納演武を執り行うのが決まりとなっており、そこで法衣を着て演武をする拳士は、それを着ると言うことに大変な責任を負います。

法衣というのは、何となく着ているわけではなく、まして単なるコスプレ的衣装として遊びで着ているわけではありません。

 

道院長は金剛禅の導師であり、法衣姿というのは正装でもあります。

同じように、金剛禅の僧籍に入った拳士もまた、法衣に輪袈裟というのが儀式・行事のときの正装となります。

普段の稽古で法衣を見ることはありませんが、こういった儀式・行事の際には必ず法衣を着用していますので、その時は儀式・行事の意味や意義、法衣を着る意味を是非思い返して考えてみて下さい(^^)

 

次の儀式・行事は、10月に行います達磨祭となります。

昨日はバタバタしていて皆さんと一緒に集合写真が撮れませんでしたが、是非10月はみんな揃って記念写真も撮りましょう(^_-)-☆

 

(北野)

2011年5月28日 15:33 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2011年度新春法会&入門式

2011年度新春法会&入門式1 2011年度新春法会&入門式2 2011年度新春法会&入門式3

昨日の新春法会&入門式、お疲れ様でした!

昨日の行事には、四月から始まる新制度についての初めての説明会も含まれると言うことで、出来る限り大阪高槻道院に所属している拳士とご家族の方達がお集まりくださいまして、本当にありがとうございました(-人-)感謝

組織改革についての説明は、駆け足となりましたが、また第一回事務手続き説明会なども行いますので、何かご不明な点がありましたら、そちらで出来るだけお答えしようかと思いますので、遠慮無くご質問下さい(^^)


■その他の2011年度新春法会&入門式の写真はコチラで見れます■


さて、昨日の新春法会は二代目道院長に変わってから二度目の新春法会だったわけですが、今年は人数が大変増えたため、従来のように道場での新春法会を行うことが出来ず、高槻給食株式会社の食堂をお借りして執り行いました。

企業の食堂と言うことで、色々持ち込みも自由でしたから、折角なので礼拝施設から五足具を持ち込んで、今まで以上に儀式らしい儀式になったんではないかと思いますヽ(゜▽、゜)ノ♪

2011年度新春法会&入門式4 2011年度新春法会&入門式5 2011年度新春法会&入門式6


まずはじめに導師が献香を行い、全員で教典を唱和。

今回の行事には保護者のかたも大変沢山ご参列いただけたので、少林寺拳法の儀式について、また少林寺拳法が何を目指している団体なのか、どういった思想で活動しているのか、より深く知って頂けたのではないかと思います(^^)

少林寺拳法の修練風景だけを見ていると、単なる武道団体にしか見えませんが、中身はというと金剛禅という禅宗の一派で、自己確立と自他共楽の教えを中心に、身体と心の両方を鍛えて、世の中の役に立てる人間を目指す、という団体です。

少林寺拳法が禅宗である、というのを改めて認識してもらう場として、新春法会・開祖忌・達磨祭の三つの行事が行われるわけですが、行事に参加してもらうことで、普段の修練時間ではなかなか雑談とか出来ない拳士同士が、和気あいあいと雑談出来るようですし、この雑談が連帯感を生むいい効果を生んでいると思います(^_-)-☆

2011年度新春法会&入門式7 2011年度新春法会&入門式8 2011年度新春法会&入門式9


教典の唱和に続けて、今度は門信徒代表のセイヤさんの挨拶がおこなわれました。

こういった形での門信徒代表の挨拶、というのは僕自身は初めてみましたが、大変素晴らしい決意表明を読み上げていただき、とても感動しました。この決意書も筆で手書きで書いてあったんですが、達筆達筆Σ(◎Д◎)!


セイヤさんのご挨拶の後には、僕の年頭の挨拶。

卯年にちなんで、昨年と同じように干支の小話をしつつ、今年は「芽吹きをする年」として、少林寺拳法グループの組織改革、大阪高槻道院の正式認証(予定)を締めとしてお話しをまとめました。


で、僕の話のあとに、初代道院長の田邊眞裕先生からご祝辞を頂きました(^^)

田邊先生のお話は、高校の校長先生というのもあって、まず高校生についてのお話しから始まり、心の教育は小学生のときからしっかりと取り組んで行くことをについての大切さについてのお話しになりました。

その具体的な方法として、「挨拶、椅子を戻す、脚下照顧」の三つをあげられ、この三つが実践できている子供は、将来において様々な事がしっかりできる、という大変わかりやすいご挨拶で、少年部の拳士にも伝わったんではないかなぁと思います(-人-)

2011年度新春法会&入門式10 2011年度新春法会&入門式11 2011年度新春法会&入門式12


新春法会に続けて、2011年1月度の入門式を執り行いました(=゚ω゚)ノ

今回入門式の対象の拳士は五名で、表白文を読み上げた後、シズカ入門者代表による誓願文の奉読。

その後、各拳士の自己紹介をして、最後に僕から今度は新入門の拳士に向けての法話が。


法話といっても毎回毎回、何かある度に口にしていることを繰り返しお話ししただけですが、少林寺拳法で一番難しいことは、技術の習得や思想の理解ではなくて、「続けること」なんです。

年齢や体力によって、その時々の目的が変化していく中、自分にとって少林寺拳法がどのような位置づけになるのか、それが有益でなくては、やはり「続ける」というのが難しくなる。

単なる技術的な強さを求める修行だけを続けていると、自分のレベルにあった修練相手がいない道院や支部になると、その時点で頭打ちになり、結局他の武道団体に流れるきっかけになる。

技術が高度になり、自分のレベルもそれに見合った段階に達したのであれば、今度はそれをいかに伝えていくか、という事に目を向けて活動をしていくのが、少林寺拳法の自他共楽の思想にあっている目的だと思うのですが、なかなかそうはいかない。


そこに、技術だけを追い求める姿勢の限界があり、やはりその時々において、「何故少林寺拳法を続けているのか?」ということを自問自答しなくちゃいけない。

その答えが「楽しいから」であって欲しいし、「何故楽しいのか?」ということが自分でよく理解できていると、本当に長く続けることが出来る。


挫折や壁というのは、それ自身が楽しいと感じる人も中にはいるかも知れないけれども、ほとんどの人は「楽しくない」原因となる。

楽しくないと、続ける意欲がなくなり、結果として辞めてしまう、ということにつながってきますよね。

だからこそ、「修練をするのが楽しい」と思ってもらえるように、自分だけでなく周りの人たちも、みんながいるから楽しい、みんながいるからまだまだ続けたい、そういう気持ちを持って修練してもらえると、きっと素晴らしい少林寺拳法ライフが続いていくと思います(^^)

2011年度新春法会&入門式13 2011年度新春法会&入門式14


と、いうわけで最後に今回参加した全員の集合写真を載せときます(=゚ω゚)ノ

この写真はプリントしてみなさんにお配りしますので、また道場で受け取って下さい(^_-)-☆

このメンバー全員が、「楽しい」という思いで、これからも長く長く一緒に修練していけることを願って(-人-)


あっ、合格証書授与の写真ですが、賞状をもったみんなの写真が撮れていないので、その写真を撮ったら一緒に紹介させて頂きますね(^^)


(北野)

2011年1月11日 14:20 | | トラックバック(0)
2011年1月11日 13:21 | | トラックバック(0)

■修練レポ■ 2010年達磨祭 道院長法話

2010年10月8日 達磨祭 道院長法話1 2010年10月8日 達磨祭 道院長法話2 2010年10月8日 達磨祭 道院長法話3

というわけで、昨日の達磨祭の道院長法話の原稿を掲載します(=゚ω゚)ノ

原稿、といっても話し言葉で書いた原稿なので、読みやすいと思います(^^)

ただ、実際の法話は、この原稿からちょい外れた話をいれたり、言い回しももっと優しくして、表現も関西弁ばりばりになっていたので、原稿通りの話ではなかったですが( ̄▽ ̄;)


■2010年達磨祭 道院長法話 原稿■

達磨祭ということで、今日のお話は「達磨大師」についてちょっとお話をしたいと思います。

まず、達磨と聞いて何を思い浮かべますか?

そう、赤い丸いダルマの人形ですね。そのダルマの元になったのが今机の上に置いてある、達磨大師です。

皆さんが達磨に持つイメージはなんでしょうか?

七転び八起き、不撓不屈。何事にも負けない強い心。選挙。

そんなイメージをもっていると思います。


では、このダルマの元になった達磨大師とはどういう人だったのでしょうか?

まず、達磨は1500年前にインドから中国に渡った仏教のお坊さんです。インドから来た、ということで、肌の色も黒く、目もギョロッとして、中国の人からしてみれば、とても見た目が変わっていたお坊さんでした。

この達磨は、はじめに中国の王様の呼ばれて、王様の宮殿にいきましたが、王様の考えている仏教と達磨の仏教とは考え方が異なっていたため、王様の元から離れて、嵩山という山のなかにある少林寺というお寺にいきました。

その嵩山少林寺に達磨が伝えた仏教が「禅」と「易筋行」と言われています。

禅というのは、簡単に言えば心を鍛える方法。易筋行というのは、身体を鍛える方法の事です。

我々のやっている少林寺拳法の教えに、拳禅一如というのがありますね。

そう、達磨の伝えた禅と易筋行は、今我々が修行している少林寺拳法の修行と同じなんですね。

その嵩山少林寺で達磨が伝えた「禅」の教えとはどういったものだったかといえば、簡単に言えば、いかに心安らかに生きていくか、ということです。何事にも動じない、周りに惑わされない強い心。

どうすれば達磨のようになれるのか?


その教えが、二入四行という教えになります。ちょっと難しい言葉になるので、もう少し簡単にお話しますと、達磨は『心を鍛える手段』について頭で考えるだけではだめで、行動しなさいと言いました。

具体的に何をすればいいのか、達磨は四つの方法をいいました。今日はその二つを紹介したいと思います。

まず、一つ目。

色んな悩み事や苦しいことが起こるのは、自分の行いが原因である場合もあれば、そうでない時もある。それをいちいち、しんどいとか苦しいとかいって、人のせいにしたり、文句ばかりいっていると、余計に自分がしんどくなる。

なので、まずはどんな苦しいことがあっても、文句を言わず、嫌な気持ちにならないようにするのが報怨行といいます。

二つ目は、随縁行というのですが、先ほどのお話の中で「苦しみの原因は色々ある」と言ったけれども、原因があるから苦しみがある。苦しいことの原因がはっきりわかるときもあれば、わからないときもある。解決できる原因の時もあれば、解決できないときもある。その時々によってとめどなく変化する「原因」にとらわれることなく、常に心を穏やかにいることが大切だと達磨は言いました。

報怨行と随縁行の二つ、簡単に言えば、文句を言わない、一つ一つの事柄で怒ったり泣いたりしない、という事。

みなさん、これ、できますか?

これは簡単にはできませんよね。だからこれが出来るように一生懸命修行する。達磨は壁に向かって九年間座禅していたといいます。


みなさんは、縁あって今こうして性別や世代を超えて少林寺拳法を修行しています。

少林寺拳法の教えは、「自己確立」と「自他共楽」です。達磨は一人で壁に向かって九年間座禅していましたが、みなさんには共に少林寺拳法を修行する仲間がいます。

みなさんは一人ではないんです。

少林寺拳法は、少林寺拳法を修行する人同士が、お互いがお互いのことを考えて、一緒にどうすればいいのか考えていくことが出来るのが、魅力なんです。

お互いがお互いのことを考える事が出来れば、相手に文句を言う前に、相手を思いやることが出来る。お互いがお互いのことを考える事が出来れば、相手のことを責めるだけじゃなくて、自分が悪かったことにも気がつくことが出来る。


みなさん、小手抜の修練をしているときに、相手が上手く出来てないときに、「ここをこうしたらいいんじゃないか、ああしたらいいんじゃないか」と教えてあげることがありますよね。

それと同時に、うまくいかなかったときに、「どうしたら出来ますか?」と質問しますよね?

これ、自分が出来ていないことを素直に認めて、相手に敬意をはらって教えを請うているのに、気がついていますか?

つまり、自分の非を素直に認める。自分の過ちにとらわれない。これ、報怨行と随縁行なんですね。

少林寺拳法の技術修練は、達磨の教えそのものなんです。


少林寺拳法の修練には、皆さんが気がつかないところで、たくさんお釈迦様や達磨の教えが詰まっています。

今日は時間の都合があるので、達磨の伝えた二つの教えしかお話しできませんが、普段何気なくやっている少林寺拳法の技術の修練も、長く長く続けていけば、きっと強い心を持った、達磨大師のような人間になれると思います。

少林寺拳法の拳士は「達磨の子」とも言います。みなさんは自分の中に磨けば光る素晴らしい珠を持っています。

それを信じて、一生懸命仲間と共に少林寺拳法の修行に励んで下さい。

長くなりましたが、2010年度達磨祭の道院長法話を終わらせていただきます。


(北野)

2010年10月 9日 12:02 | | トラックバック(0)