大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

■修練レポ■ 2014年4月度合格証書授与式

2014年5月12日 15:47 | | トラックバック(0)
2014年4月度合格証書授与式1 2014年4月度合格証書授与式2 2014年4月度合格証書授与式3
2014年4月度合格証書授与式4 2014年4月度合格証書授与式5 2014年4月度合格証書授与式6
2014年4月度合格証書授与式7 2014年4月度合格証書授与式8  

ようやく寒さも和らいできて、ジャケットとかなくても外を歩ける気候になってきました(^^)

GW中も比較的天気のいい日が続いていたのもあって、お出かけした人も多いんじゃないでしょうか。

 

さて、今日の本題。

2014年4月度の合格証書授与式をご報告します(^o^)

今回昇級試験に合格したのは、少年部から6級に合格したシンノスケ、5級に合格したハルト、4級に合格したタマミ、マキ、3級に合格したミヅキ、ハヤト、一般部から4級に合格したタツオさん、リョウヤの8名です(^^)

少年部の拳士達は、受験資格がばらばらのなか、それぞれが頑張って個別に残って修練に励み、今回無事合格となりました。

 

2014年4月度合格証書授与式9 2014年4月度合格証書授与式10 2014年4月度合格証書授与式11

 

一般部のタツオさんは、11月から2月までお怪我でお休みをなさっていましたが、復帰後、まず最初に仰ったことが「4級を受験したいです!」という言葉でした(^o^)

復帰後はほとんどお休みすることなく、一生懸命昇級試験に取り組んでいただき、今回晴れて4級となりました。

 

高校生や大学生の拳士が4級を取るのと、タツオさんのように70歳を超えた方が4級を取るのとでは、やはり体力的もだいぶ条件が異なります。

4ヶ月もの間怪我のためお休みしていたとしても、怪我が治ったら必ず次の目標を乗りこえる!という熱い情熱があり、自分の体力に応じて、本当に一生懸命取り組んだ成果が、今回の合格となりました。

 

少林寺拳法の修行の心得の中に、「目的を持つ」「体力に応じてやる」「諦めずに続ける」という三つがあります。

タツオさんの今回の昇級試験は、まさにこの三つを実践して得ることが出来たものだと思います(^^)

 

今市民大会の修練のまっただ中ですが、どんな状況であったとしても、市民大会に参加する、と決まった以上は、タツオさんのように諦めることなく、自分の目的をしっかり持って、取り組んでもらえれば、きっと自分自身の心の成長に役に立つことだと思います(^o^)

 

(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ■修練レポ■ 2014年4月度合格証書授与式

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/881