大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

■修練レポ■ 新しい仲間が2人増えました!(H27/5/1)

2015年5月30日 13:58 | | トラックバック(0)

昨日の修練は急な発熱でお休みしてしまって、すみませんでした( ̄▽ ̄;)

いや、もうね、一昨日の夜ぐらいからちょっと喉の調子がおかしいなぁとおもったら、あれよあれよという間に熱があがっていて、昨日の朝には38.5度に(-ω-;)

急遽耳鼻科に飛び込んだところ、急性扁桃炎とか。

元々扁桃腺が腫れやすいんですが、ここまで急に

 

高熱&全身いたーいいいいい(°ω°; 彡 ;°ω°)

 

となったのは、久しぶり。

だいたい毎年この時期に、そこそこの病気してますよね、帯状疱疹とかなんとか(-ω-;)

大会が重なると、修練増えて、体調崩すヤツ

 

嬉しかったのは、朝の6:50分頃に「ヘルプミー!!」なメールを一斉に送信したところ、急なお願いにもかかわらず一般の拳士が五名ほど少年部の時間に駆けつけてくれたり、昨日渡さなきゃいけなかった府民大会の撮影用のビデオカメラを、自宅まで取りに来てくれた保護者の方がいらっしゃったりと、人の力に支えられて、今の大阪高槻道院があるんだなぁと、実感しました(^o^)

直接は修練の手助けは出来なくても、すぐにお見舞いの連絡をくれた拳士の方もたくさんいて、本当に嬉しかったですねぇ(ノД`)泣

中には本人も38度の熱をだしてる拳士もいましたが(笑)

 

今日もまだまだ絶賛体調不良中( ̄▽ ̄;)ですが、何とか今晩中にもう少しマシになるまで体調整えて、明日の府民大会は頑張って会場にいきますっ( ゚∀゚)o彡°

たぶん...(笑)

 

さて、そろそろ本日の話題に。

四月から体験に来られていた方達が、五月にはいって正式に大阪高槻道院の仲間になったのでご紹介します(=゚ω゚)ノ

今回新しく大阪高槻道院の仲間になったのは、一般に転籍してきたシンサクさんと、一般に復帰したキイチの二名になります。

シンサクさんはこの三月まで東京の道院に在籍なさっていたんですが、四月から転勤で大阪に来られたという事で、色々と大阪の道院を探しておられた中で、大阪高槻道院にも見学・体験に来られました(^^)

その後、色々見て回られたみたいですが、仕事の都合と通いやすさから、大阪高槻道院が一番条件に合っていたという事で、正式に転籍の手続きをなさって、晴れて大阪高槻道院の仲間になりました(^o^)

 

キイチはというと、僕が二代目道院長になってすぐぐらいの時に高校生で入門した子でした。

まだ代務か認証を受けた直後ぐらいの話なので、結構前ですよね。

写真ギャラリーに当時体験に来てくれていた時代の写真が残ってました(笑)

僕の代に変わってから四人目ぐらいの入門者なので、色々と思い入れもある子だったんですが、高校卒業後色々とプライベートや学業で忙しくなって、そのまま休眠となっていました。

その後何年かの間、バーベキュー大会に参加していたりはしてたんですが、なかなか復帰に至れるほど時間の都合がつかなかったみたいでした。

だけども、この四月から社会人になったという事で、本人の強い意思で「社会人になったら復帰する!」というのを実行に移しして、今回晴れて復帰となりました(=゚ω゚)ノ

すごいですよね、ずっと復帰する気持ちを胸にもって、その時期が来るまで我慢して、実際に行動できるっていうのは(・・)(。。)

 

今回転籍してきたシンサクさんもそうですが、環境が変わっても、なんとか自分の少林寺拳法に対する思いを途絶えさせる事なく、修行を続けられる方法を模索して、実行できる人達というのは、環境が変わったから、はいヤメ、と諦めてしまう人達とは、最終的な心の強さの面でも違うような気がします。

少林寺拳法を続ける事が一番大切というわけではありませんが、変わりゆく環境に柔軟に対応して、一生懸命なんとか出来る方策を考え、行動に移す事が出来る人が、他の事柄についても、常に前向きに生きていく事が出来る人なんだと思います(^^)

お二人とも、これからまた環境が色々変わっていく時もあるかと思いますが、是非これからも大阪高槻道院だけでなく、住む地域やそこにいる人達が変わっていったとしても、一日でも長く少林寺拳法の修行に励んで、少林寺拳法の道場の外においても、強い心と行動力を発揮していってもらえればと思います(^_-)-☆

 

(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ■修練レポ■ 新しい仲間が2人増えました!(H27/5/1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/1003