大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

野菜が届きました!

2018年1月29日 15:13 | | トラックバック(0)
島ノ環ファーム1

一昨年の年末頃、喪中案内だかにこんな一文が添えられた手紙が届いた。

 

----

淡路島へ移住します!

----

 

差出人は、一時期大阪高槻道院の一般に所属していたユウタで、元々は東京の大学の少林寺拳法部を卒業して、大阪の会社に就職して、縁あって大阪高槻道院に転籍してきた拳士。

まだ一般の方は覚えているかと思うんですが、少年の方はほとんど記憶にないかと(笑)

 

在籍していたのは2011~2015年の間で、道院の行事には積極的に参加してくれていたので、休眠後もそれなりにはやりとりが続いていたんですね。

最後に休眠になったのは東京に転勤(戻る)事になりました!という内容で、戻った先の住所を聞いていなかったので、そこでやりとりが途切れていたんですが、送られてきたハガキには、

 

淡路島へ移住します!

 

と(笑)

いや、意味分からんし(笑)

 

事の真相を確かめるべく、とりあえずメールを送ってみたら、一応通じて、事情を聞いてみると、

----

この度脱サラをして、淡路島に移住することになりました!

自分達の人生として、このまま時間がただ過ぎるのは勿体無いと感じてしまいました。
移住セミナーや色々な人のお話を聞くなかで、淡路島に縁ができ、引っ越すことを決意しました。

夫婦で農業(お米、養鶏)をして生活していく予定で、2月から島に住みます。

----

 

と(笑)

いや、まぁ、うん、すげー思い切りかただなぁと(笑)

 

あれから丸一年ちょいたってから、新天地 淡路島から年賀状が届いた(野菜送りますメッセ付)ので、今年の年賀状を改めて送り直した(野菜よろしくメッセ付(笑))ところ、本人からメールが来て、「野菜おくりました!」と。

 

ものっそ早いな(笑)

 

というわけで、送られてきたのが一枚目のお野菜くん達です(=゚ω゚)ノ

入っていたのは、玉葱、人参、ほうれん草、ブロッコリー、レタスで、野菜の袋には「島ノ環ファーム」の文字が。

 

野菜だけだと、ユウタの今を知ることは出来ないんですが、キーワード「島ノ環ファーム」とあれば、調べたくなるのが人情(笑)

詳しくのぞき見してみたいかたは、上のリンクをクリック!( ゚∀゚)o彡°

 

島ノ環ファーム2 島ノ環ファーム3

 

さて、届いたお野菜くん達ですが、奥さんが早速まずはお夜食にと、人参をオーブンでグリルして塩を軽くまぶったものを作ってくれました。

人参、めっさ甘いっ!(;゚ロ゚)

 

次の日には残りの材料も使って、色々作ってくれました(^o^)

島ノ環ファーム4 島ノ環ファーム5 島ノ環ファーム6
島ノ環ファーム7 島ノ環ファーム8 島ノ環ファーム9
島ノ環ファーム10 島ノ環ファーム11  

 

上から順番に献立名を書いてみると、

 

・人参とブロッコリーの芯のきんぴら

・人参の葉のふりかけ

・ほうれん草とベーコン&コーンのバター炒め

・ほうれん草の根のおひたし

・野菜たっぷりサラダ

 

の五品目。

無農薬野菜を売りにしているようなので、送られてきた野菜も茎も食べれます!とのことなので、使える部位は全部使って料理してくれました(^^)

娘はえらいブロッコリーをお気に召したようで、ほとんど一人で全部食べてましたねぇ。

 

で、作ったお総菜は一回で全部食べられないので、一部は残しておいて昨日の武専の時のお昼のお弁当に入りました(=゚ω゚)ノ

島ノ環ファーム12

 

お弁当に鳥が二羽寄り添ったのをデザインしたチーズが乗っかってますが、島ノ環ファームの袋に鳥の絵が使われていたので、夫婦で寄り添って頑張っている鳥をイメージして、この図柄にしたそうです。

武専で俺がそれを食べていいのかとw

 

野菜に添えられていた手書きの手紙を読むと、野菜作りだけでなく猪やら鹿をさばいてハムやソーセージもつくっているようなので、マルチ農家を目指して頑張っているようです(^^)

 

淡路島に行ったら、島ノ環ファームの野菜を食べよう!

淡路島に行ったら、島ノ環ファームを御用達にしているレストランに行こう!

島ノ環ファーム! 島ノ環ファーム! 島ノ環ファーム!

 

( ̄Д ̄;)はぁはぁ

 

頑張って宣伝しといたので、次回は野菜以外もよろしく☆(≧▽≦)キャハッ

 

なんてね(笑)

 

(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 野菜が届きました!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/1255