大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

中高生の喫煙は「かっこ悪い」ので激減したらしい

2010年4月12日 13:53 | | トラックバック(0)
たばこ

今朝のニュースなんですが、中高生の喫煙率が激減しているそうな。ちょっと記事を引用してみると、

---------------
中高生の喫煙激減、「格好悪い」定着 厚労省調査
産経ニュース 2010.4.12 07:56
https://sankei.jp.msn.com/life/education/100412/edc1004120800000-n1.htm

 喫煙習慣がある中学生や高校生の割合が、過去10年ほどの間に大きく減少したことが、厚生労働省研究班(主任研究者・大井田隆日本大教授)が実施した全国調査で分かった。特に変化が目立つのが高校生の男子。1996年度の調査で5人に1人が「毎日吸う」と答えたが、2008年度は20人に1人に減った。大井田教授は「成人男性の喫煙率もこの間、大きく低下しており、たばこを吸うのは格好悪いという社会的イメージが定着した効果では」と話している。

~~ 中略 ~~

 「毎日吸う」と答えた高校生の全生徒に占める割合は、男子 4.7%、女子 1.7%で、96年度調査の18.0%、 4.6%からそれぞれ低下した。中学生はもともとこうした生徒の割合が低く、男子 0.8%(96年度 2.4%)、女子 0.3%( 0.7%)だった。

 「毎日吸う」を含めて「月に1回以上吸う」と答えた生徒も減少した。高校は男子 9.8%(30.7%)、女子 4.5%(12.6%)で、中学は男子 2.9%(10.9%)、女子 2.0%( 4.9%)だった。

●大人が見本示して●

 厚労省が今回実施した調査の結果は、生徒の喫煙と家族の喫煙に関係があることも示している。毎日喫煙すると答えた生徒の家庭環境を調べてみると、両親やきょうだいに喫煙者がいる場合が大半を占めていたことが分かった。この点について、大井田隆日大教授は「大人が禁煙の見本を示すのが、未成年者の喫煙防止に最も効果的だ」と話している。
---------------

1996年頃の調査と比べてって言うことなので、ちょうど僕が高校卒業した頃で男子高校生の30.7%もタバコ吸うヤツがいたっていうことも驚きなんですが、今の激減ぶりはイメージ戦略というか、様々な場面で禁煙を当たり前としている社会構造が出来上がると、これだけ中高生に影響を与えるんだということにあらためて関心した(・・)(。。)


■イメージの与える影響■

タバコの害を伝える広告で有名なのはタイのタバコで、タイではタバコのパッケージに

・喫煙は老化を早める
・タバコ煙は赤ん坊に害を与える
・喫煙は悪臭の原因となる
・喫煙は肺気腫の原因となる
・喫煙は人を殺す
・喫煙は肺ガンの原因となる


なんていう言葉と共に、実際に肺ガンになっている人の肺の写真や、隙間のあいた歯が写る口元なんかをパッケージ写真に使っていたりする。

タイのタバコ

ここまで露骨に身体への害を示しているパッケージもすごいんですが、こゆのと比べると日本のタバコは非常に綺麗なデザインでまとまっていることは間違いない。

タバコ=クールでカッコイイ、というイメージが喫煙年齢を引き下げる要因になっているのであれば、タバコ=かっこ悪い、というイメージがつけば、カッコイイこと大好き中高生は、やっぱあえてタバコをすう理由なんてなくなるんだろう。何より、お金かかるしね。


■タバコも性格も、環境が大事■

この記事で大切なのは、若い子の喫煙率がさがったねー、と喜ぶことではなくて、最後に書かれている「大人が見本示して」のところだ。

喫煙者の多い家庭では、子供の喫煙率が高くなる、と書かれているように、タバコやライターが身近にあればあるほど、それを吸うことに罪悪感を感じなくなる。

ひどい話になると、親が学校でタバコを吸うなと言うかわりに、家で子供部屋に灰皿をおいて家で吸わせているっていう話もあった。


大人がタバコを吸うのは自己責任なのでまぁいいとは思うんですが、大人のたばこを吸うときのマナーや家庭内でのタバコ環境は、そのまんま子供に影響を与えるというのを意識した上で、"カッコイイ子供"に育てていって欲しいところです(-人-)


■余談■

余談ですが、2009年12月26日の毎日新聞の記事に、

-----
たばこ:吸う人とは結婚無理 男69%女61% 法大調査
毎日新聞 2009年12月26日 15時0分

 たばこを吸う異性を恋人や結婚相手にできないと考える学生が過半数を占めることが、法政大学生の学内調査で分かった。約9割が「不健康そう」「たばこ臭い」と悪い印象を抱いており、喫煙者への厳しい見方が若者に広がっていると言えそうだ。

~~ 中略 ~~

 その結果、80%は「喫煙経験がない」で、「現在たばこを吸っている」は13%、「以前吸っていたが今は吸っていない」が6%などだった。喫煙する異性に悪い印象を持った学生は男女とも89%に達した。一方、「クール(かっこいい)」「大人っぽい」などの好印象を抱いたのは、男女とも10%に達しなかった。

 また、たばこを吸う異性と「結婚できない」と回答した男は69%、女は61%。「恋人にできない」も男が60%、女は50%だった。一方、喫煙者は61%が結婚相手の喫煙を容認した。

 「恋人がたばこを吸うのを不快に感じる場面」をたずねたところ、最も多かったのは「歩きながらの喫煙」で回答の4分の1を占めた。

 調査を担当した4年の清水俊樹さん(22)は「これほど多くの人が異性の喫煙を嫌う傾向があるとは思わなかった」と話す。
-----

早い話が、


タバコ吸うヤツはモテねーよ


って事ですな┐(´ー`)┌


(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中高生の喫煙は「かっこ悪い」ので激減したらしい

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/150