大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

■修練レポ■ 拳士層が厚くなると稽古が楽しいなぁ♪

2010年7月11日 09:53 | | トラックバック(0)
いやぁ、最近ホント思うことは、色々な経歴を持っている拳士や、色々な年齢の拳士や、色々な段位の拳士が増えてきたので、稽古に活気を帯びてきて本当に楽しいヽ(゜▽、゜)ノ♪


■最近の少年部の雰囲気■

少年部もそれは同じで、二ヶ月前は2人しかいなかった子供達も、 今は八人。

みんな熱心に稽古に来てくれるので、最初のうちには手を出すーとか、足を上げるーとかみたいな健康体操っぽい修練しかできなかったのが、今は基本がみんなちょっとずつ出来てきているので、修練内容もステップアップ

こないだ感心したのは、見学に来てくれた男の子を見ているだけじゃつまらないんで、良かったら一緒に修練しよう(^_-)-☆って感じで誘ったんですよ。

で、当然その子は初めてなので右手左手を出す、とか足を上げて蹴る、とかちょっと前にうちの子達がやっていた修練をやるんですが、さすが二ヶ月も通っている子達は、その子をひっぱってくれるように、大きな声を上げて突き蹴りをやってくれた。

普段自信がなくなるとすぐに声が小さくなるのに、この日ばかりは自分たちは出来るんだぞっ!って感じで、声を張り上げる。自信を持って突き蹴りをやるので、キレが出てくる。

子供達は自分たちが出来る事を実感すると、もっと上手になろうと自然と頑張る。

受け身にしても、遊びながら受け身の修練をしているのだけど、その中に次のステップに進む動きをちょろっと混ぜていくと、先に進んだ感があるのか、喜んで新しい動きをやってくれる。


んーーーーー、これが成長やな(* ̄∇ ̄)♪


さらに、鎮魂行なんかも大人でも結構難しい表現なんかも含まれているのに、子供達はもう聖句・信条を覚えてる。ゲーム感覚でやっているのだけど、覚えさせられているというより、勝手に覚えてるという感じだろうか。


■最近の一般部の雰囲気■

一方一般部の修練はというと、これまた少年部とはガラッと雰囲気が変わって、年齢層も段位なんかの資格も異なる実に多彩な環境なわけですが、最近注目しているのは、道院サイトの中にある「入会について」に書いてあるな、

・小学生
・中学生
・一般(高校生以上)
・一般(三十代以降)
・女性の方
・ご年配の方(60代以上)

という年齢区分を全部網羅した拳士層になっているだけではなくて、そこに書いてある修練内容がほぼ忠実に実践できていること。

たとえば、

・中学生
中学生は、まずは技術の土台となる筋力向上と、より正確な技術の習得を目指します。

・一般(高校生以上)
より若い方(高校生~二十代)につきましては基礎体力の向上から、よりスポーティな運動能力を高める事を中心に修練を行います。この年代の方の修練は、運用法などのハードな修練も取り入れていきますので、より実践的な技術の習得が行えます。


なんて言うことを書いているんですが、今いる中学生達にはやはり正確な技術の習得をまず第一にしてもらっているので、運用法とかは簡単なものしかやらない。

だけれども、一般(高校生以上)については転籍・復帰をしてくれた拳士達が乱捕り世代・運用法をやってきた拳法部出身の有段者、というのもあり、彼らを中心に運用法の修練に具体的に取り組めるようになった。

これは僕の考えですが、四段五段がたくさんいて、一組に一人の高段者がついて修練するというのも、確かにとても勉強になって良かったとは思うんです。

だけれども、今の大阪高槻道院みたいに、日頃稽古参加できる高段者が1~3名しかいない中、修練する拳士数がその7倍とか8倍とかになってくると、高段者の指導に頼りっきりになると、どうしても各層の稽古レベルに差が出てきて、不満がたまる。


そうではなくて、あくまでも級・段位・年齢・体格・性別の近いもの同士が、自分たちの層にあった修練方法を中心に、自分たちの頭と体を使って修練を行う方が、自立心も向上するし、技術力アップする。高段者は、方向性を間違えないようにそれをサポート・アドバイスするにとどめておくだけでいいと思うんです。

かわりに、教わる方は「自分から積極的に高段者に質問する」のがすごく大切。教えてもらえるまで待ってる稽古なんてせんといてな。


金曜日の学科でも話したことですが、教わる方は「守を守り、破を目指す」ことであり、教える方は「離を押しつけず、破の本質に気づいてもらう」事が重要。

拳の三要は、教える方にこそ大切な教えで、自分の中に培われた「破と離」は唯一絶対の技術ではないんです。


とまぁ、自分たちで創意工夫をしながらいろんな年齢層が修練をしていると、やっぱ和気藹々とにこやかに修練できるんですよね(^O^)

あーでもない、こーでもないとウダウダしゃべりながら、あーれできへん( ̄▽ ̄;)とちょっと凹みながらも、んじゃあこうしてみてはいかがでしょうか?と一緒に修練している相手が、提案してみる。

その繰り返しが、気がつけばお互いがお互いのことを思いやれる心をもつことになるし、こういった「雰囲気の良さ」が、やっぱり今度開催される合同バーベキュー大会の参加人数にもつながっていると思うんです☆


大阪高槻道院の年齢層はとても充実してきているので、

高校生・大学生の元気な子達も(屮゚Д゚)屮 カモーン
ちょっと運動不足が不安なお父さん世代も(屮゚Д゚)屮 カモーン
護身術をこれから始めたい女性も(屮゚Д゚)屮 カモーン
しっかりした子供に育てたいパパン、ママンも(屮゚Д゚)屮 カモーン



高槻の駅前にあってちょーーーーー便利なのは大阪高槻道院っ(=゚ω゚)ノ
子供の時間は早くから、大人の時間は遅くまでやってるのは、大阪高槻道院っ(=゚ω゚)ノ

これを読んでる少林寺拳法に興味を持ってるそこのアナタっ、どうしようと悩んでいたら、とにかく一度道場に見学・体験に来てみてくださいっ。とっても雰囲気がいいので、怖いとか不安とかいう気持ちは吹っ飛ぶと思いますよ(^_-)-☆


(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ■修練レポ■ 拳士層が厚くなると稽古が楽しいなぁ♪

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/204