大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

THIS IS ITと演武

2009年10月30日 14:59 | | トラックバック(0)
THIS IS ITのポスター


一昨日公開の、マイケルジャクソンの遺作(?)の映画「THIS IS IT」を見てきました!

元々ストリートダンスをやっていたのもあって、世界一流のダンサーがキング・オブ・ポップのマイケルジャクソンのステージで踊る姿を見ただけで、背中にびびびびび!と走るものがあった。

マイケルジャクソンの音楽の素晴らしさもあるけれども、それ以上にあの一糸乱れぬダンスパフォーマンスは、非常に勉強になった。

少林寺拳法の演武も、「見せる」という意味ではダンスパフォーマンスと同じだと、ダンスをやっている時からずーっと思ってるんですが、ダンスも演武もただ「演じて見せる」のではなくて、「魅せる」のがホンモノだと思う。

団体演武が揃わないのは、「音」を感じてないからだと思う。ダンスパフォーマンスには音楽があるけれども、音楽だけを聴いていたのではダンスにならない。音楽の中にあるリズムや呼吸、間といったものを感じて初めて、踏み出すステップに艶がでる。色がでる。美しさが出る。


それが魅せるダンスに変わる瞬間なのだ。


演武にも、やっぱりこれが欲しいなぁ。「音」ですよ、「音」。少林寺拳法用語で言うなら、「呼吸と間」っていうんだろうか。どうせやるなら「魅せる演武」をやれるといいね。


「THIS IS IT」、少林寺拳法には関係ないと思わずに、もし公開に間に合うときは是非見に行って下さい(^。^)


(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: THIS IS ITと演武

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/35