大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

2019年合同スポーツ体験教室お疲れ様でした!

2019年5月27日 16:20 | | トラックバック(0)
2019年 合同スポーツ体験教室1 2019年 合同スポーツ体験教室2 2019年 合同スポーツ体験教室3
2019年 合同スポーツ体験教室4 2019年 合同スポーツ体験教室5 2019年 合同スポーツ体験教室6
2019年 合同スポーツ体験教室7 2019年 合同スポーツ体験教室8 2019年 合同スポーツ体験教室9
2019年 合同スポーツ体験教室10 2019年 合同スポーツ体験教室11 2019年 合同スポーツ体験教室12
2019年 合同スポーツ体験教室13 2019年 合同スポーツ体験教室14 2019年 合同スポーツ体験教室15

 

金曜日ぐらいから右の耳が痛く、この週末はちょっと触っただけでも、うおっ( ̄Д ̄;)って思うぐらい耳が腫れているんですよねぇ(-ω-;)

どうも耳掃除をしたときについた傷にばい菌が入ったのか、結構赤くプツッと腫れているようなので、耳鼻科に行ったところ、全然関係ないところまで検査されて、そこそこ高い治療費に(-"-;)

今回言った耳鼻科は比較的新しい耳鼻科で、色々な検査器具があるというところだったんですが、それがかえって高い治療費を払う羽目になるんだと、改めて思いました(-ω-;)うぅぅ

 

さて、昨日もとても天気が良く、日差しもキツイ夏日って感じの週末で、お出かけには最適な一日でした(^^)

この日は高槻市が主催する合同スポーツ体験教室の開催日で、今年も高槻市少林寺拳法連盟は体験ブースを出しました(=゚ω゚)ノ

いつもは午前中にブースをだしているんですが、今年は他の団体さんと午前中はかぶりまくりで、そのまま午前中での開催を希望すると、体験をしてもらうスペースが小さくなる懸念もあり、今年は午後の部での開催となりました(^^)

 

午前中より午後の方がイベント参加者全体が少ないので、昨日は出だしはポツポツという感じでしたが14時頃には体験ブースの周りには、体験をしている子達の保護者さんでいっぱいになるぐらいたくさんの子供達が体験に来てくれました(^o^)

少林寺拳法ブースでは、大人が体験に来てくれた子供達の相手をするのではなく、あくまでも子供達が子供の目線で体験に来てくれた子達に少林寺拳法の魅力を伝える、という流れで実施しているので、今年も大阪高槻道院だけでなく、高槻上牧道院や高槻北スポーツ少年団など、あちこちの道院・支部の拳士がたくさん集まってくれて、それぞれに一生懸命少林寺拳法の魅力を伝えてくれていましたヽ(゜▽、゜)ノ♪

 

普段の修練では、技術を覚える気あるんかいな(-"-;)と思っていた拳士でも、なんと、昨日はイベント指導員として、かなりしっかりと丁寧に指導していたので、普段からそのくらい真剣にやりーや、と思いながらも、結構、感心していました(・・)(。。)

なんていえばいいかな、普段の修練は閉鎖された空間で、仲間同士で楽しくやる、技術は先生から教わるモノ、という雰囲気があるせいか、どうしても受け身になりがちな修練なんですが、昨日は基本的には大人の拳士は口出しをしないため、自分たちで考えないといけないわけですよね。

イベント開始前に僕が言った事前の注意でも、「拳士同士がおしゃべりをして、体験に来てくれた子を絶対にほったらかしにしてはいけない」というのを口を酸っぱくして言ったので、少年拳士達はいろんな年齢の子供達を相手に、本当にいろんな工夫をしながら、一生懸命指導をしてくれました。

体験に来てくれた子の中には、一時間以上体験をしてくれていた子や、その場の勢いとはいえ、入門して続けたい!と言ってくれた子供達もちょいちょいいてくれたようなので、イベント指導員として頑張ってくれていた少年拳士達も、嬉しかったんじゃないでしょうか(^o^)

体験会もずーっと同じ事を繰り返していると飽きてくるので、中間で二回ほど団体演練&一般拳士に拳士による模範技術紹介などを織り交ぜながら、少林寺拳法は点数取ったらすごい、というスポーツではないことを体験に来てくれていた子供達だけでなく、周りで見ていた保護者の方が二もわかりやすく伝えたりと、二時間という短い時間ではありましたが、とても充実した体験教室だったと思います(・・)(。。)

 

あと、毎年、イベント開始直後からチラシを持って営業に回ってくれる拳士達がいるんですが、今年も去年とは別の拳士達が、積極的に営業に回ってくれて、チラシもものすごい勢いで減っていきました(笑)

中には、チラシを配った相手の子を誘って、そのままイベントブースまで連れてくるという、なかなかアグレッシブな営業をしてくれた拳士もいました(笑)

こういった経験もまた、とても大切だと思うんですね。

道場の中だけで修練をしていると、仲間以外と話すことはないですし、仲間相手に少林寺拳法の魅力を伝える事はしないわけですから(^^)

 

イベント指導員を頑張ってくれた少年拳士達は、なんだかんだと少林寺拳法が好きで毎回の修練を頑張っているわけですし、自分が好きなことを全く知らない子供達に伝えるのが、楽しいという気持ちがあるからこそ、どんどん営業にも行くし、一時間でも飽きずに一生懸命相手をしてくれたんだと思うわけです。

これは教えている立場から思えば、これ以上嬉しいことはないですよね(^o^)

こういった本気の熱意が、少林寺拳法に新しい仲間を増やす原動力となるわけですから、今回の頑張りが良い結果につながるといいなぁと思いますね(・・)(。。)

 

また来年も合同スポーツ体験教室はあると思いますし、またイベント指導員をやってくれるメンバーも替わるかと思いますが、これからの一年、来年の合同スポーツ体験教室を見据えて、どんな風にすればもっと少林寺拳法の魅力を伝えられるのか、お互いに研究しながら日々の修練に励んでいって貰えればと思います(-人-)合掌

 

(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2019年合同スポーツ体験教室お疲れ様でした!

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/1367