大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

■修練レポ■ 2019年3月度 允可状授与式

2019年4月25日 16:02 | | トラックバック(0)
2019年3月度 允可状授与式1 2019年3月度 允可状授与式2

この所、昼間はほんっと暑いですねぇ( ̄▽ ̄;)

仕事には毎日スーツを着ていくんですが、最近は室内でも腕まくりシャツ&ネクタイでPCに向かってるんですが、それでも暑いですね(-"-;)

道場でもようやくクーラーが使えるようになってきたので、こちらの方は快適に利用できるようになりました(^^)

冬場でも、逆に暖房切ってても室内が暑くてあんまり動けない環境というのも、なかなか辛いですね(^_^;

 

さて、本日の話題に入りますと、すでに地元で昇段試験を受けた二段の子の2019年3月度 允可状授与式についてはご報告済みですが、同じ時期に本山で特別昇格考試を受験した拳士の、允可状授与式を執り行いましたので、ご報告させていただきます(=゚ω゚)ノ

今回特別昇格考試に合格したのは、正拳士四段に合格したセイヤさんです(^^)

セイヤさんは、引っ越しで滋賀県の道院に転籍されたコウジさんと二人で一緒に本山に行って受験され、無事合格となりました(^o^)

 

コウジさんがまさか特別昇格考試前にやむなく転籍することになるとは全然思っていなかったので、一時はどうなることかと思っていましたが、コウジさんの職場がまだ大阪のままでしたので、特別昇格考試前は滋賀県に帰る途中にわざわざ高槻で一度下車して道場によってもらい、四段受験に取り組んでくれました。

お互いに一人で受験するという選択肢もあったわけですが、そこはやはり何十年も共に大阪高槻道院で修練に励まれてきた関係もあり、やっぱり四段は一緒に受験したい!というお二人の強い思いが、こうして無事合格へとつながったんだと思います(^^)

 

特別昇格考試は本山まで行かなきゃいけないハードルの高さもありますし、ここまでたどり着くのに十年二十年と、変わり続ける生活環境の中、、諦めることなく修練に励んだからこそ、正拳士という「指導者」の仲間入りを果たしたお二人に、心から心から祝福をお贈りいたしますヽ(゜▽、゜)ノ♪

正拳士にはなられましたが、少林寺拳法の修行は生涯続きますので、正拳士の次は五段!

これからも新しい目標に向かって、頑張ってもらえればと思います(-人-)合掌

 

(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ■修練レポ■ 2019年3月度 允可状授与式

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/1357