大阪で少林寺拳法 〜 金剛禅総本山少林寺 大阪高槻道院

少林寺拳法紹介支部の案内練習内容見学・入門案内よくある質問

■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式

2019年9月18日 14:14 | | トラックバック(0)
■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式1 ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式2 ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式3
■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式4 ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式5 ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式6
■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式7 ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式8 ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式9

 

福岡県教区と県連サイトを立ち上げしてから一ヶ月ほど経つんですが、福岡県教区に登録予定のある道院の拳士が、「山口大学のサイトを立ち上げ出来ないでしょうか?」と、福岡県連に相談されたんですね。

最初このお話を聞いたときは、福岡県と山口大? と思ったんですが、よく考えてみれば大学拳法部のOBの方が、必ずしもその大学のある地域に住んでいるわけではないので、福岡県に住んでいる山口大少林寺拳法部のOBの方がおられても、不思議はないですよね(・・)(。。)

 

ただ、山口大学少林寺拳法部は、山口県連が管轄する大学なので、福岡県連では取り扱うことが出来ないので、どうしたらいいでしょうか?と、福岡県連経由で僕の方に相談がありました。

それでは詳しく状況を確認してみましょうとお返事をして、山口県教区経由で山口県連と山口大学との関係について僕から確認したところ、関係は良好とのことで、ちゃんと手続きを踏めば、山口大少林寺拳法部のサイトも立ち上げ可能な感じでした(^^)

ちょうど今週末に山口大少林寺拳法部OB会が大阪で開催されると言うことで、今回の件で福岡県連に問い合わせをしてくれたOB拳士の方も大阪に来られるようで、明日この件について直接お話をしたいとのことで、高槻市まで足を運んでいただけるようです(^o^)b

僕自身は、福岡や山口といった地域で少林寺拳法の修練をした経験はありませんが、ご縁がご縁を生んで、こうして各地の拳士の方と会うことが出来るのは、なんだか嬉しいですね(^_-)-☆

 

さて、本日のお題に入りますと、お盆休みを挟んだりなんだりして授与するのが遅れておりました、七月度の合格詔書授与式についてご報告します(=゚ω゚)ノ

今回昇級試験に合格したのは、一般から3級に合格したダイチ、少年からは2級に合格したレオ、3級に合格したラン、ワカコ、4級に合格したマサユキ、リュウセイ、5級に合格したシオリの7名になります(^^)

 

ダイチに合格証書授与したのは、先週の金曜日ですが、来月の6日には次の2級の試験を予定しているので、一般拳士の昇級試験の早いこと早いこと(笑)

大人だから技覚えるのは早いよね、といっても、覚えなきゃいけない技の数は子どもとは比べものにならないぐらい多い中、二ヶ月で昇級試験が来るんですから、忙しいですよね(笑)

まぁ、それでもダイチがほとんどお休みすることなく熱心に修練に参加してくれているので、将来有望だと思います!(=゚ω゚)ノ

 

今回少年部で試験に合格した子達はというと、次の試験予定は市民大会後となるので、10月試験組の子達と比べると、最近の修練は比較的余裕を持って取り組んでくれている気がしますねぇ。

マサユキが旅行で市民大会に参加出来ない分、リュウセイとシオリが組演武を組むって云う、ちょっと前まで想像していなかった組み合わせでの大会出場になったのも、わからないものですね、こういう流れというのは(・・)(。。)

でも、異年齢&違う性別同士で演武を組むというのは、色々勉強になることも多いので、今年の経験は今後の修行によい影響があると思います(^^)

 

さて、市民大会の仮エントリーも終わり、どうやら緑帯の単独演武については、追加での出場枠が得られそうなので、詳しくは道場でご案内しますっ( ゚∀゚)o彡°

市民大会の修練まっただ中ですが、平行して10月に昇級試験予定しているたくさんの拳士の皆さん、祝日が多いため十分な修行時間を確保できない日が続きますが、残りの日程をよく確認しながら、一回一回の修練を大切にして下さいね(-人-)合掌

 

(北野)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ■修練レポ■ 2019年7月度合格証書授与式

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.shorinjikempo-takatsuki.net/mt/mt-tb.cgi/1399